FC2ブログ

記事一覧

主様との出会い

続きです。


SMチャットに居るのが抵抗なくなってきた頃...
私は専門学生。


なんとなく話聞いたことあるよって方もいらっしゃるかもしれませんが
看護学校って割とストレス多いんですよ。
実習やら鬼の課題やら試験やら...

それに加え
私は母親が本当に厳しく(毒親系でしょうか。)
かなり圧迫された学生時代でした。

ストレスからか時間のある時は
ほとんどチャットしていました。

彼氏も居なかったので
家庭の話を聞いてもらったり
学校の話をしたり...私にとっては癒しと逃げの場

少し大袈裟ですが心の拠り所でした。

もちろん友達も居ましたが
友達にはmの家の話は重いよ~なんて
冗談めかしてでも言われると
毎回話したりは気を使って出来ませんでした。
みんな実習とかでそれぞれいっぱいいっぱいでしたし。

そんな学生時代を経て
就職する頃には、精神的、肉体的疲れも溜まり
息切れ気味でした。


そんなある日
いつものチャットに行くと
「そばにいる限り寂しさから開放することを約束する。従う意思のある者は入りなさい。」...といった内容の書き込みを見つけました。

いつもは
自分が部屋を設けて待機するだけでしたが
その書き込みを見た時
胸を掴まれたような感覚を覚えました。

自分の求めているものがここにあるんじゃないか...
そんな気持ち。

少し迷いはありましたが
私は部屋に入りました。

もう5年以上前の話なので曖昧な部分もあるのですが

入ってからもその方はとても紳士で厳格なイメージでした。
しかし話しやすく、時間を忘れて何時間もチャットをしました。

話の内容は
その方が求めるものについて
それに応える意志はあるのか...

お互いの価値観について...

話をすればするだけ
私はその方に興味を持ち
少しずつ話す回を増す事に会いたいという気持ちも募りました。

話をしてからわかったことでしたが
生活圏も電車で30分程度。


3ヵ月程やり取りをするようになり
危険な事だと分かっていながらも
会いたい気持ちに勝つことが出来ず

ついに会うこととなりました。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななしのm。

Author:ななしのm。
駄目奴隷mです。
主様と出会いはや5年。

色々な事がありましたが、それがあるから
今の私が居るのです。

月別アーカイブ